Entry: main  << >>

エッセイ「炭に感謝」

                      比留川靖子

ジオパシックストレスという言葉を最近知りました。
ギリシャ語で、「地球の苦痛」とのこと。
ケガレチ=悪い土地 つまり地球の自然の電磁場環境が崩れることによって起こる現象とのことです。

 私は、急に体調が悪くなることがよくあります。特に肩凝り、背痛、冷え、目のしょぼしょぼ感などにはしょっちゅう悩まされます。かといって病院であれこれ検査しても分からない現象のように思い、行く気にはなりません。
これは無線や電気製品が発する電磁波の影響が原因とのことです。電磁波が体内に入っている実感はありませんが、電気的システムで動いている人間の体がアンテナとなって電磁波を受け取っているために起こる現象のようです。

人間が虚の波動エネルギーを受け続けると原因の分からない病気になるとのことです。
虚の波動エネルギーとは深い地中内部の水脈によるエネルギー、断層・地面の亀裂・洞窟から発するエネルギー、ラジウムなどの放射線のエネルギー、地磁気のエネルギー、人間の作り出した電磁波のエネルギーなどがあり、
ガンの原因の90%はジオパシックストレスが要因になっていると言われています。

私の家にも電気製品が並んでいます。特にパソコンは私にとって必需品です。また家の近くには高圧送電線も走っており、地下水脈などの自然要因も関係していると思います。

そこで私が勧められたのは「炭シーツ」です。
これを布団やマットの下に敷いてその上で寝ています。また炭シートを適当に裁断し、戸棚やテレビ、レンジ、パソコン、下駄箱などに敷いています。更に竹炭を冷蔵庫内や部屋の至る所に置いています。炭の傍に生けた花は長持ちしています。電磁波対策はこれらで解決するようです。


もっと恐ろしい情報を聞きました。
歯の治療に使用されているパラジウム合金やアマルガムです。
これらは健康保険内で使用されている金属で、アマルガムは水銀です。
過去に虫歯を治療した経験のある人は口の中にこれらの金属が入っています。むし歯を削ったあとの歯の詰め物やかぶせ物として使用されているのです。これが口の中で腐食し、更にはアンテナとなって家電製品や送電線、X線、紫外線、赤外線などから発する電磁波を引き寄せてしまう可能性がありそれが身体に悪い影響を与えているということです。
金銀パラジウム合金に含まれる成分は金、銀、銅、亜鉛、インジウム、イリジウム、すずなどです。
症状としては金属アレルギー、アトピー性皮膚炎、肩こり、腰の痛み。背中の痛み、偏頭痛、鼻づまり、目の重み、股関節の痛み、足の痛み、首筋のこり、腹痛、めまい、冷え性、不安感、イライラなどを上げています。

過去に私も顎の噛み合わせのズレを矯正するため、上下大掛かりの治療を行いました。健康な歯を削って、かぶせ物で高さを矯正したのです。セラミックがベターなのですが、高額な費用を要するのですべて保険内で行いました。
体調の不具合はこれが原因と納得しました。
1?2本ならば取り除くこともできますが、大変な数です。そんな費用はありません。宝くじでも当たらない限り無理です。事実、絶望的な事件です。

ドイツなどの先進国では、パラジウムが身体に与える悪影響を考慮して、パラジウムを含まない金属を使うことを推奨しているそうです。日本では体によくないことを知りながら戦後の物のない時代に使われていたのが、いつの間にか今日になっても忘れ去られているようです。酷い話です。
国はこの重大な過ちを認識し、一刻も早く制度を改めるべきです。歯科医師会や歯科医療に携わる専門家は国に要請して安心できる材料を人々に提供できるように働いていただきたく検討を期待します。

対症療法になりますが、これも炭が救ってくれることが判明したのです。
炭シーツや炭シートの他に食べる炭の粉末をデトックスとして飲んだり、炭の水をつくり、飲用やうがいなど利用方法はいろいろあります。
炭は殺菌効果もありますので、喉や粘膜の炎症なども抑えることができます。


症状の重い人は外気功療法院などが行っているホメオパシー治療をお薦めします。

                                              ゆう


JUGEMテーマ:日記・一般


| comments(0) | - | pookmark▲ top
Comment »Post New