Entry: main  << >>

詩「ヒヨドリ」



     粉雪が舞う朝
     ヒヨドリが帰ってきた
     どこを旅してきたのだろう
     仲間と一緒に
     危険いっぱいの海洋を
     子供をつれて渡ってきたのだろう
     辿り着いた先で別れ自分のふるさとへやってきた

     ピィ― ピィ―
     あの甲高い鳴き声は
     帰郷の知らせ

     私は閉ざされた部屋で
     キーを操る指を止め
     懐かしいさえずりを聴き入った

     欅の梢で羽づくろいする
     青灰色の頭 煙黒色の長い尾
     精悍な姿の出で立ちで
     ヒヨドリの家族はこの地で生きる準備をしている

     凍てついた沈黙の世界の中で
     今だ覚めやらぬ日々

     ヒヨドリの帰郷は
     春の訪れの近づいたことを
     私に告げにやって来たのです

                                    ゆう




JUGEMテーマ:趣味


| comments(0) | - | pookmark▲ top
Comment »Post New