Entry: main  << >>

優しい時間 「九」

みんなで活け花

  ♪もしも人々が「思いやり」を失くしたら
  地球は一秒で消えてしまうね・・・



「OMOIYARIのうた」が今全国で静かに広がっています。2008年の調査によると愛知県が全国で一番いじめの報告件数が多いことから藤田恵美さんと県内の全小学校の子供たちが作り上げた曲。

 なんとこの歌を万寿の森グループホームのお年寄りが歌っているのです。歌詞カードを指で示しながら一心に。 「皆で活け花」をスタートしてから四ヶ月後、二度目の訪問です。当時も好奇心旺盛で元気のよいお年寄りたちでしたが、さらに輪をかけて明るい表情で迎えてくれました。
そこには以前とちがう空気が漂っていることに気付かされるのに時間はかかりませんでした。
何だろう!?この雰囲気は… それは「思いやり」の空気でした。
ホームのリビングにはBGMが静かに流れています。聞き覚えのあるメロディに一瞬呆然と佇む私。心の森に響いた自作の作品集と気付くと胸にこみ上げるものを感じ、ホーム長やヘルパーたちの行き届いた配慮が密度の濃い「思いやり」の空気を作っていたのです。
 この日、施設長自らが秋の野草をバケツいっぱい摘んできて、ススキやコスモスがお年寄りの集まるテーブルの上で存在を主張しています。
四つのコンポートにはたっぷりの水を含んだオアシスがスタンバイ。生徒たちは活ける合図を待ちきれない様子。
 生け花の先生・・・花を活けると脳が喜びます。
 施設長・・・短めに切って、どこから見てもまーるくきれいに活けてください。
を、合図にみんなバケツの中から思い思いの花を選び、集中力スイッチオン。
考える脳、戸惑う脳、混乱する脳から楽しむ脳、安心する脳、安らぎの脳へと変化する過程が動作と顔の表情から窺えます。

 一つのペアがいち早く完成。三つのペアは苦戦中。花たちは成されるがまま。
やがて切り落とした小さなつぼみも可哀そうだからと挿し込んで終了。

 やれやれ。安堵感漂う中、いつもの「おめでとうのうた」
♪花束抱いてるあなた、あなたが咲かせた花みたい、あなたの笑顔も花みたい…
歌い終わるとまたまた楽しいお茶の時間です。

心が安らぎました。
難しかった。
お陰様で楽しかったです。
花を活けるとみんな見違えるようにきれいになったね(施設長の言葉)
血液の循環がよくなるから…(先生の言葉)
心がわくわくした
同じ花でも活けるとみんなちがう

月末には施設長の携わるすすき野中学校体育館で行われるイベント「すすき野フェスタ」に出演するために、「OMOIYARIのうた」手話付と「夜明けのメロディ」「ありがとう―感謝」の三曲を特訓中とのこと。
すすき野中学校の玄関には生け花の先生たちによって「花を見た人に一瞬でも安らぎを感じてほしい」との願いから、毎週生け込みボランティアが行われている。

「♪思いやりは世界を幸せにする魔法♪」で締めくくられている歌の通り、
  「思いやり」の輪がみんな繋がっていることを意識させられた素晴らしいひとときでした。

今日活けた花は
  ススキ、ヒマワリ、サルスベリ、コスモス、キリン草、オトコエシ、アオキ、千日紅、アカメガシ、キク、シュウメイギク、キバナコスモス、ペチュニア、アカツメグサ、セイダカアワダチソウたちでした。
秋の花たちよ ありがとう。

              2012年10月14日(日)ぼたん棟にて                        追記

     「おめでとうのうた」          楠木しげお作詞

一、花束だいてるあなた あなたが咲かせた花みたい
  おめでとう おめでとう おめでとう」

二、花束だいてるあなた あなたの笑顔も花みたい
おめでとう おめでとう おめでとう」

ラララララララ -------ルルルルルルル
  ララララ ルルルル ランランラン
      (くりかえし)
              
| comments(0) | - | pookmark▲ top
Comment »Post New